第813号 2018/3/5
懐かしき卒業式の思い出
3月に入り、全国各地の中学校や高校では卒業式が行われ、卒業シーズンとなりました。嬉し涙や悲し涙など様々な涙で溢れ、多くの学生が新たな道へと歩んで行ってます。
そこで、学生から懐かしき卒業式での思い出を聞いてみましょう!

始めに3年の遠藤に聞きました。特に中学校の卒業式が思い出に残っているそうですね。

遠藤「中学3年生のクラスはとても仲が良く、今でも色濃く思い出に残っています。卒業式にクラスのみんなで何かやろうという話になり、卒業式の退場の時、全員で『2組最高!』と叫びながら胸に付けていた花をポーンと上に投げて退場しました!他のクラスは粛々と退場していたのでとても目立ちました!」

仲の良さが伝わってきますね!
インパクトのあるパフォーマンスだったのではないでしょうか! 

「クラスの担任の先生は感動していたのですが、花を捨てていったことや勝手に騒いだ事は、後から他の先生達に怒られました(笑)。恥ずかしくも良い思い出です!またこのクラスで集まりたいと思います!」 

また再会できるといいですね!
ありがとうございました!

思い出のクラスの旗!


輝かしい笑顔!

次に2年の清水に話を聞いてみました。
高校の卒業式はどのような感じでしたか?

清水「僕の高校では、卒業式終了後に正面玄関に1.2年生が道を作ってそこを卒業生が通るという伝統があります。また、部活ごとに漫才をやったり胴上げをしたりと最後のお別れを惜しむことのできる場が設けられていました」

そのような場があるのですね!
今でも大切にしているものはありますか?


「陸上競技部の後輩や恩師の先生からの言葉が書いてる色紙と記念品を今でも大切に持っています。時々見返すと高校時代を思い出し懐かしくなり、また戻りたいなと思うときがあります」

たくさんの思い出がつまった高校生活だったようですね!
ありがとうございました!

最後に1年の梅津に話を聞いてみました。
一番思い出に残っている卒業式はなんですか?

梅津「僕は高校の卒業式が一番思い出に残っています。クラスの仲が良く、別れるのが辛く教室で最後まで語っていたのを思い出します。ですが、やはり一番は陸上競技部の仲間と離れるのが辛かったです。様々な苦楽を共にしてきたので卒業式が終わった後の部活の集まりでは、みんなの前で一言話す場面で思わず涙が零れてしまいました」

仲間の存在がとても大きかったようですね。

「はい。顧問からのお話の場面でも3年間指導していただいたことへの感謝といただいた言葉のありがたさで再び泣いてしまいました。顧問は僕自身にとってとても大きな存在だったので、この日を最後に会う機会が減ってしまうと考えると悲しくなる、そんな涙だらけの卒業式でした」

たくさんの思いが涙で溢れた卒業式になったみたいですね。
ありがとうございました!
 
思い出のつまった宝物!
 新生活に向けて
~先輩から後輩へのアドバイス~
 4月に入ると、新生活が始まりそれに伴い、初めての一人暮らしを始める学生が多いかと思います。新生活を始めるに当たって住環境や新居地の場所はとても大切なのではないでしょうか。新生活をスムーズにかつ快適に過ごしていけるように、学生に一人暮らしをする上でのコツやポイントを聞いてみたいと思います!

愛用の定期入れ!

始めに3年の大関に話を聞きました。昨年、南福島周辺に引っ越されたそうですが、生活に変化はありましたか?

大関「一人暮らしを始めて3年が経とうとしていますが、時間とお金の使い方がとても大切だと感じています。私は入学時、福島駅からかなり離れた場所に住んでいましたが、通学の不便さから3年生に進級した時に南福島周辺のアパートに引っ越しをしました。住まいを変えてから、通学にかかる時間が大幅に短縮され、勉強や陸上競技に集中できる時間を増やせていると思います」

通学時間の短縮はとても重要ですね。
その他に利点はありましたか?

「以前より時間を確保できるので、休日にはお惣菜の作り置きをしています。時間が取れず自炊できない時でも食費を出来るだけ抑えるように工夫しています」

既に一人暮らしが熟練されていますね!
ありがとうございました!

一人暮らしも早1年! 

最後に、1年の金井に話を聞いてみました!住んでいる場所の良いところを教えてください!

金井「私の住んでいる場所は駅、学校からは少し遠いですが、風や雪で電車が止まって通学できないという問題がありません。また、電車による時間の制限がなくすぐに帰宅することができるため、その分時間を有効活用することができます。さらに、自然が豊かで静かな所なのでとても過ごしやすいです」

良いところがたくさんあるようですね!一人暮らしをする上で心がけていることはありますか?

「一人暮らしをするようになって、これまで以上にお金の使い方には気をつけています。節約するためになるべくお昼ご飯を作って持って行くようにしたり、安売りの時にまとめ買いして冷凍したりしています」

食費を中心に考え、節約しながら生活しているようですね!
今週の部屋 
~短短ブロックCさん~
今回紹介するのは、短短ブロックCさんのお部屋です!ハードルを飛んでいる姿は何か獲物を捕らえるかのように勢いよく飛び越えてしまう彼女ですが、普段はいつもオシャレでなおかつ、料理が得意で女子力の高い彼女!そんな彼女は一体どのようなお部屋に住んでいるのでしょうか?早速覗いてみましょう!
可愛らしいお部屋ですね!

「ありがとうございます!物を表に出さないように、収納をフル活用し、整理整頓を心がけています!カーテンはお花柄にし明るいお部屋になるようにしています」

収納の仕方がうまいですね!


オシャレなお部屋!


お気に入りの物たち
お気に入りの物はありますか?

「あります!これは私のお気に入りゾーンです。時計や帽子など小物を集めるのが好きで、手前にある青い帽子も最近一目惚れして購入してしまいました!」

これからの時期にピッタリな可愛い帽子ですね!!
可愛らしいクマのぬいぐるみが!

「このぬいぐるみは、見た目からしてクマなのですが名前は『うさお』と言います。小学校1年生の時にクリスマスプレゼントでサンタさんからもらいました!高校の時のブレーカーをリメイクして着せています!」

モコモコしていて抱き心地が良さそうです!


モコモコした可愛らしいクマさん


壁も活用しオシャレに!
最後の写真はなんですか?

「壁に写真を飾ったり、読み終わった本やこれから読みたい本を飾ったりしています!奥に見えるビラビラしているのは、誕生日に友人からもらったコルクボードです!メッセージと写真が貼ってあり、とても嬉しくて飾っています!」

壁も活用しているのですね!
ありがとうございました!
今週の人
下山翔大高橋桃華


前回、品田から紹介を受けました短長ブロック1年の下山翔大です。今回僕が紹介するのは、サラサラヘアーの秋田美人ジャンパー高橋桃華です。男女問わず彼女の跳ぶ姿に魅了された人たちは多くいると思います。今回はそんな彼女の秘密について迫ってみたいと思います。
彼女の専門種目は走幅跳や三段跳などの跳躍種目ではありますが、リレー種目にも出場するスプリンターの一面も持っています。スタートダッシュが得意なようで、100mがなかなか速いです。マルチな才能を見せる彼女ですが、スヌーピーや抹茶が好きという女子らしい一面も持っています。スヌーピーに関しては、スヌーピーミュージアムに行ってしまうほどスヌーピーが大好きで、スヌーピーに対する愛は誰にも負けないようです。
小学校時代にはミニバスケットボール部に所属していたらしく、大学のバスケットボールの授業では綺麗なレイアップシュートやミドルシュートを決めるなど、大活躍でした。また、設計図を描くのが得意という珍しい特技を持っているようです。
そして、出身が秋田ということで、青森出身の僕の方言にもうまく
対応してくれる数少ない理解者であります。
彼女はこの冬、怪我で苦しんできましたが、きっと誰よりも遠くに跳び、誰よりも速く走ることでしょう!

編集後記

春の陽気ですね(夏井)

別れの季節ですね(盛田)

高校の卒業式が懐かしく感じますね(高橋)