第809号 2018/02/05
鬼は外!福は内!
2月3日(土)は季節の変わり目を告げる節分の日でした!そんな季節の変わり目とともに皆さんも「鬼は外!」「福は内!」という掛け声に合わせ、自分の中の「退治したい鬼」「呼び込みたい福」があるのではないでしょうか?そこで学生がどんな鬼を追い出したいのか、またどんな福を呼び込みたいのかを聞いてみました!
 〜退治したい「鬼」〜

退治したい鬼:猪突猛進鬼

安部「私が退治したい鬼は『猪突猛進鬼』です。 とりあえず勢いでやってしまえー!と考えてしまうことが多くいい方向に進むこととあれば、失敗することも沢山あります。 すぐ行動することは得意なのですが、結果効率や段取りが悪く無駄に時間やお金を割いてしまうことがあります」


悪いところは是非とも追い出したいですね!

「今年の4月からは4年生になり、 勢いや行動力があることは自分のいいところだと思うので、行動に頭脳がついていけるような人間になれればいいなとおもいます」

必ずなれると思います!ありがとうございました!

3年の安部

2年の五十嵐

退治したい鬼:決断・実行が遅い鬼

五十嵐「僕が退治したい鬼は、『決断、実行が遅い鬼』です。様々な場面において、やろうと思っても結局やらなかった。その時にやればよいものを、やると決断出来ない。そうしたことがたまにあるので、それらを退治したいです」

なかなか手強そうな鬼ですね!

「最近は意識してやるべきことを決め、やるようにはしていますが、それでも時々『後ででいいか』となってしまうことがあるので、今年はやると決める決断と、実行を素早く確実に出来るようにしていきたいです」


鬼を退治して変われると良いですね!

退治したい鬼:怠け鬼

小杉「私が退治したい鬼は、私の中に住んでいる『怠け鬼』です。 特にこたつに入っているときに現れます。この鬼に取り憑かれると何もできなくなり、気がついたら夜中までこたつからでれなくなっているときがあります。」

体調を崩してしまいそうで恐ろしいですね!

「節分をおきにこの鬼を退治して、規則正しい生活をして、健康な体作り、競技力向上をしていきたいです。」


健康な体で二度と鬼が入ってこれないようにしてしまいましょう!

1年の小杉
〜呼び込みたい「福」〜

3年の藤田

呼び込みたい福:学業成就

藤田「僕が呼び込みたい福は『学業成就』です。何と言っても今年は就職試験があります。僕は地元の町役場の職員に就くことを目指しています。去年の今頃から公務員試験対策の講座に出席し、勉強をしてきました。今は本試験に向けて追い込みの時期で、おそらく大学受験の時よりも勉強していると思います(笑)」

将来の夢を叶えるために、勉学に励んでいるようですね!

「また、元日に引いたおみくじは見事『大吉』でした。学業の欄には『努力が実るとき。この先道が開けます』と書かれていました!1年以上続けてきた努力が結実するよう、気合いを入れ直して頑張ります!」

良い結果報告を期待しています!
必ず夢を掴んでください!

呼び込みたい福:妥協しない心の強さ

菅野「私は勉強面でも競技面でも、時々『これでいいや』と妥協してしまうことがあります。しかし、昨年はその妥協によって、たくさん後悔したことがありました。勉強面でも、競技面でも上手くいかないことがあり、それまでの自分を振り返った時に、自業自得だなと感じることも多々ありました」

呼び込めればかなりの強みになりそうですね!

「今年は、勉強面でも競技面でも1つ1つのことに対して妥協せずに取り組めるように、福を呼び込み、後悔することなく笑顔で今年を締めくくれるようにしたいと思います!」


福の訪れを期待しています!

2年の菅野
 
1年の佐藤(皇)

呼び込みたい福:チャンス

佐藤(皇)「僕の呼び込みたい福は機会(チャンス)です。今年は昨年までよりもいろいろなことにチャレンジしてみて、沢山の経験をしてみたいと思っています!」

いくつかやりたいことがありそうですね!具体的にやりたいことは決まっていますか?

「今1番興味を惹かれているのは慈善事業です。他大学の海外ボランティアのメンバーとやりとりをして情報を集めたりしています。少しでも貧困な人たちの助けになれれば、と思っています」

素敵な心掛けですね! ありがとうございました。 
 
気分転換法
〜受験生応援企画〜
受験生の皆さん、センター試験お疲れ様です。二次試験まであと3週間を切りましたね!私たち大学生も今、後期の試験期間中なのでいつも以上に勉強に励んでいます!!
そこで今回は、勉強を効率よく進めるためのオススメの気分転換法について、学生に聞いてみました!
受験生の皆さんもぜひ参考にしてみてくださいね!


まず3年の岸元に気分転換法を聞きました!

岸元「私は、スポーツ・芸術創造専攻ということもあり、センター試験に加え実技試験での入試でした。そのため、身体を動かしておくことが必要でした」

どのようにして身体を動かしていたんですか?

「センター試験前は週に1回部活に顔を出し、トレーニングしていました。友達や後輩と一緒になって身体を動かし、汗をかくことで良い気分転換になっていました」

汗をかくこと。とても大事だと思います!
最後に受験生に一言お願いします!

「自分が今出来ることを精一杯やって悔いのないようにしてください!がんばれ受験生!」


次に、昨年入学した1年の高橋(桃)に気分転換法を聞きました!

高橋(桃)「私は、勉強の合間の気分転換として、外に出て音楽を聴きながら散歩をしたりジョギングをしたりしています。長時間座って勉強をした後に外に出て外の空気を吸うのはとても気持ちよく、最高です!」

外に出るというのがポイントなんですね!
音楽を聴くとありますが、どのような曲がオススメですか?

「その際に聴く音楽のジャンルとしては、洋楽系のアップテンポな曲をよく聴きます。ノリノリな気分のまま、また勉強を再開すると捗るような気がします!」


今度実践してみようと思います!
最後に受験生に向けた一言をお願いします!

「気持ちで負けないように!最後まであきらめない気持ちを持って頑張ってください!」
 今週の人
佐藤悠杜→品田大樹

前回佐藤(未)から紹介を受けました中長ブロック一年の佐藤(悠)です。今回僕が紹介するのは、1年生唯一のポールジャンパーである品田大樹君です。
彼の1番の魅力はなんといっても純度100%の笑顔でしょう。いつもニコニコしている彼の周りは同じように皆ニコニコしています。彼の笑顔はその周りの人も和ませる力を持っています!
そんな彼は練習では誰よりも遅くまで補強をやっており、引き締まった見事な肉体をしています。棒高跳びだけでなく、走りのメニューやハードルを使ったメニューも難なくこなしてしまうスーパーマンです。
また、彼はディズニーのラプンツェルが大好きなようで家の中にはラプンツェルのグッズがこれみよがしに置いてあります。本人曰く、「ラプンツェルと水があれば生きていける」そうです。笑
陸上競技部随一の愛されキャラである品田君ですが、競技に賭ける思いは人一倍強いです。来シーズンの一皮も二皮も剥けた彼は、きっとどこまでも高く跳んでくれることでしょう!
 編集後記

節分の日には恵方巻きを食べました!(吉田)

この時期は栃木の郷土料理「しもつかれ」が食べたくなります!(五十嵐)

僕の呼び込みたい福は「勝負強さ」です!(佐藤)

節分の日は大豆ではなく、きな粉をばらまいてしまいました。(浅野)